使い捨てタイプ?再利用可能タイプ?LED照明の選ぶときに考えること

二つのタイプがあるので注意

部屋の明かりのためにLED照明を購入しようと考えているなら、二つのタイプがあることを知っておきましょう。その二つとは、使い捨てタイプと再利用可能タイプです。どちらでも照明として完璧に利用できますが、初期費用やランニングコストが異なります。LED照明は10年以上持つともいわれているため、しっかりと考慮したうえで購入しなければいけません。何も知らずに購入してしまうと、長い間それを使い続けることになって後悔してしまう可能性もあります。

使い捨てタイプについて

使い捨てタイプのLED照明の最も大きな特徴は、明かりが切れてしまったとき、電球や蛍光灯だけ取り換えることができないということです。つまり、どんなに立派で気に入っていたLED照明だったとしても、内部の明かりの寿命がきてしまったら本体の寿命も終わりになります。その代わり、かなり安く購入できるので初期費用をバッチリと抑えられます。分解すれば交換できると考えるかもしれませんが、簡単にはできない構造になっているので無理だと考えましょう。

再利用可能タイプについて

再利用可能タイプはその名前の通り内部の明かりが切れた場合、取り換えることが可能なものです。つまり、壊れない限り同じ機器をずっと使い続けられるので、ランニングコストはとても安いといえるでしょう。また、温かみのある色だったりスッキリとした色だったり、いろいろな色の電球や蛍光灯に気分次第で交換できるのも大きなメリットだといえます。素人でも簡単に交換できるため、部屋の模様替えに合わせて明かりの色を変えることだって可能です。

LEDライトパネルとは、高輝度な白色LEDチップをパネル側面に取り付けて表示面を光らせる看板を指します。家庭用電源でも使用することができるので、飲食店の店頭や展示会など様々な場面で活用することができます。